ユリ根/百合根の食べ方と栄養!毒があるって大丈夫?

シェアする

今回は冬に旬を迎えるユリ根という野菜について紹介します。

ユリ根について詳しく調べてみると、栽培に必要な期間が長いとか、栄養価が高いとか、さらには毒がある!?とか・・・。

ユリ根には興味深い特徴が結構あったりするんです。

ということで、ユリ根の特徴、食べ方、栄養などを見ていきましょう!

Sponsored Links

ユリ根ってどんな野菜

ユリ根の特徴


ユリ根は、ユリ科の植物で、オニユリやコオニユリなどの球根(細かく言うと、根ではなく、葉が変形したものなのですが)のことです。

栽培時期は4月~9月ですが、旬は12月~2月頃になります。

かつては日本全国で栽培されていたのですが、現在では北海道が生産の98%を担っています。

昔から、食用や薬用として利用されてきました。

ユリ根を育てるのには◯年もかかる


ユリ根の生産には、とても長い時間がかかります。

というのは、種球から始めると出荷まで6年もかかるのです。

畑に植え付けるまでが、3年もかかってしまう、なんとも根気のいる野菜です。

また、一度植え付ければそれで終わりではなく、毎年のように畑を変えて植え替えをしなければいけません。

そのうえ、一度植えた畑は、最低でもその後7年間はユリ根を植え付けることができないのですから、生産農家の方たちの苦労がわかりますね。

ユリ根の食べ方



続いてはユリ根の食べ方をご紹介します。

ユリ根は加熱するとホクホクしてジャガイモのような食感になります。

美味しい食べ方は、アルミホイルに包んで焼き、ジャガイモのようにバターをのせて食べるのがオススメです。

また、茹でてから裏ごしすると、マッシュポテトのようになります。

贅沢に丸ごと素揚げにして塩で食べるのもいいものです。

日本料理では、茶わん蒸しの具にすることが多いですね。

ユリ根はクセやアクがないので、グラタンに入れたり、にんにくやベーコンと一緒に炒めるといった食べ方でも美味しいですよ。


そして、洋風の味付けにもユリ根はよく合います。

洋食にも使えば、食べ方のバリエーションが広がりますね。

和洋問わず、色々な食べ方ができるのがユリ根の特徴です。


ちなみに、ユリ根を保存する場合には、新聞紙に包んで冷暗所で保管してください。

長期の保存なら、おがくずの中に埋めて置き、ときどき霧吹きで湿度を与えるという方法が良いです。

Sponsored Links


ユリ根の栄養・効能

特徴、食べ方の次は、ユリ根の栄養とその効能について紹介します。

実は、ユリ根には健康に欠かせない栄養がたっぷりなんです。

体内の余分な塩分を輩出して高血圧を防ぐカリウムの含有量は、野菜の中でもトップクラス。

妊婦さんに必須の葉酸便秘に良い食物繊維も豊富です。

また、鉄分も豊富に含まれているので、女性にとって良い効能ばかりの野菜なのです。

あまり知られていないかもしれませんが、ユリ根は、栄養成分が豊富に含まれ体に良い効果・効能がたくさんある野菜なのです。

ユリ根には毒がある!?


実は、ユリ根の球根には毒が含まれることがあります。

といっても、食用として販売されているユリ根には、まったく毒はないので安心してください。

生産者に迷惑をかけないためにも、もう一度お伝えしますが、食用のユリ根は安全です。


毒があるのは、テッポウユリ系の園芸品種の球根です。

ですから、ユリ根の球根を保管する場合は、ペットやお子さんが間違って口にすることがないように気を付けてください。

また、食用以外で販売されている園芸用のユリ根は決して食べないでください。

園芸用のものは、球根腐敗病予防のために、販売前に薬剤に浸しているので口にするのは危険です。

くれぐれも、食用として販売されているもの以外は、口にしないようにしてくださいね。

まとめ

今回はユリ根について紹介しました。

おさらいすると、
  • 旬の時期は冬(12~2月)
  • 栽培に6年もかかる
  • 加熱するとホクホクしてジャガイモのような食感となり、和洋問わず色々な食べ方ができる
  • 体に良い栄養が豊富
  • 球根に毒が含まれる種類もあるので、食用のユリ根以外は食べるのを避ける(食用は安全)
といった情報をお伝えしました。

◇◆ ユリ根の値段がどれくらいか見てみる ◆◇

球根に毒を含んでいることもありながら、食用のユリ根は栄養価が高く、色々な食べ方ができるなど便利でうれしい食材だったり、栽培に6年もかかったり・・・。

特徴がたくさんのユリ根さんでした。

【おすすめ関連記事】
モロヘイヤの茎に毒? 食べても大丈夫な理由とその食べ方
くわい/クワイってどんな野菜・どんな食べ方?栄養と食感
シイラのさばき方と食べ方 刺身で食べても大丈夫?


Sponsored Links

シェアする