母の日のカーネーションは赤以外でも良い? 花言葉から考える

シェアする

母の日のプレゼントの定番と言えば「赤いカーネーション」。
でも毎年贈っているし、周りの人も同じ。ということで、赤以外のカーネーションを贈るのはどうなのでしょうか?

花は種類や色によって意味があります。一番わかりやすいのが花言葉ですね。カーネーションの花言葉を調べてみると、実は母の日のプレゼントとしては向かない色もあるんですよ。

Sponsored Links


赤のカーネーションの花言葉は?

赤のカーネーションの花言葉「母の愛・母への愛」
定番の赤は、花言葉もまさに母の日にぴったりですね。
赤いカーネーション
母の日の由来も、母を敬う機会に赤いカーネーション贈るという活動だったので、赤いカーネーションはやはり母の日には一番合っていると言えるのでしょう。

<関連記事>
母の日の由来とカーネーションにはどういう関係があるの?

では、本題であるその他の色ではどうでしょうか?
実は花言葉からみると母の日には不向きな色もあるので、向いている色、向いていない色に分けてご紹介します。
 

母の日に向いている色

ピンク

ピンクのカーネーションの花言葉「感謝の心・熱愛」
ピンクが好きな女性は多いですよね。感謝の意を示すという意味では良い色と言えます。赤との相性も良いので、赤とピンクの2色の花束にするのも良いでしょう。
 

オレンジ

オレンジのカーネーションの花言葉「純粋な愛、清らかな慕情」
オレンジの場合は愛情を示す色となります。明るい色ですし、母の日のプレゼントしても良い色と言えます。
母の日ではありませんが、恋人に贈る色としても向いていますね。
 

青のカーネーションの花言葉「永遠の幸福」
赤系の色ではない青いカーネーションは、例年または周りと違いを出したい場合に合っていると言えます。花としてはあまり無い色ですし、花言葉も素敵ですのでプレゼントに向いた色の1つだと言えます。

Sponsored Links


母の日に向かない色

白のカーネーションの花言葉「私の愛情は生きている・尊敬」
花の色として定番の白ですが、母の日のプレゼントとしては向いていません。母の日の由来にも起因するのですが、白いカーネーションは亡くなった母に捧げるとされています。”私の愛情は生きている”という言葉の意味もそれを踏まえると理解できますね。
 

黄色のカーネーションの花言葉「嫉妬・軽蔑」
花言葉から考えたら、母の日には明らかに向かない色となりますね。黄色い花が好きな好きだからと言って単純には選ばないようにしたいところです。
 

濃い赤

濃い赤のカーネーションの花言葉「私の心に哀しみを・欲望」
色が濃くなるとこのような花言葉になってしまい、意味合いが大きく変わってしまいます。ちょっとの違いで母の日のプレゼントしては向かない色になってしまうのです。

カーネーション カラフル

まとめ

白、黄、濃赤は花としては素敵な色だと思いますが、花言葉から見ると母の日のプレゼントしては向かない色になってしまいます。

花言葉や由来に詳しかったり、気にされる方に向けてはやはり避けたほうが良いと言えますね。でも、そういうことにはこだわらない方にだったら、好きな色を選ぶというのも悪くないと思います。

母の日の季節は、花屋さんも赤いカーネーションが多く並びます。赤以外のカーネーションを贈りたい場合は、早めに花屋さんに相談するとか、インターネットで注文するようにしましょう。

★楽天 母の日フラワーギフト人気ショップ

母の日のプレゼントの目的は、普段の感謝の意を示し、喜んでもらうことですよね。こだわりすぎも良くないと言えますので、花言葉も踏まえつつも喜んでもらえるものを選んで下さい。


Sponsored Links

シェアする