父の日プレゼント 2018 ひと工夫入れて喜ばれるものを

シェアする

 
毎年6月の第3日曜日は父の日です。皆さんはお父さんに父の日のプレゼントを贈っていますか?
父の日は毎年のことですし、季節も同じですから、何をプレゼントするかで迷う人が多いと思います。

定番ものプレゼントだと、過去に何度も贈ったがあるからとか考えてしまい、結果として何にしようか悩んでしまったり・・・。

「いつもと違うもの」という考えではなく、「いつものものをちょっとアレンジ」といった視点でひと工夫をいれると、喜ばれるプレゼントが見つかったりしますよ。

Sponsored Links

父の日の定番プレゼントと言えば

個人の好み・趣味にもよりますが、定番のプレゼントと言えば、
  • ポロシャツなどの洋服
  • 財布や名刺入れなどの小物
  • マッサージ機などの健康グッズ
  • お酒
  • ゴルフなどのスポーツ用品
  • 洋菓子や果物

などがあるかと思います。

では、これらの中からでひと工夫いれて喜ばれるものを紹介します。

ゴルフ用品編

まず最初はゴルフ用品の父の日のプレゼントに一工夫を。

ゴルフを趣味にしているお父さんは多いですよね。

ゴルフ用品でプレゼントというと、ウェア、ボールが定番でしょうか。

ただし、ゴルフクラブやパターだと好みや個人差があるので、選んでもらうという形になってしまいますね。

値段の問題もあるので、還暦や定年退職の年など特別な時になってしまうと思います。
 
そこで私がおススメするのが『ゴルフグローブ』です。

でも、ゴルフグローブってサイズや素材の違いがあるので、通常はプレゼントしては選びにくいんですね。

それを解決してくれるのが、オーダーメイドです。
 
オーダーメイドのグローブを作るのに必要な手形を取るためのセットをプレゼントします。

お父さんがそれを使って手形を業者に送ると、オーダーメイドのゴルフグローブが送られてくるという仕組みです。

 
こちらだと名前の刺繍も入り、お値段も手ごろですので参考にして下さい。

名入れができる完全オーダーグローブ
 

実際に使ってみた人に聞くと、市販のものとはフィット感が全く異なり、使いやすいと喜んでいました。

さらには、プレゼントした時と、出来上がったグローブが届いた時とで2回喜ばれます

Sponsored Links


お酒編

続いての父の日の一工夫は、飲食物の定番の1つ、お酒です。

お酒の場合は飲んでしまったら終わりということで、形として残らないのがさみしいという意見もあります。

そういった意見に対するひと工夫が、『オリジナルラベルのお酒』です。
 
お父さんの名前とメッセージを入れたりしてオリジナリティーを入れることで、単なるプレゼントからステップアップできます。

孫が生まれた時であれば、その子の写真や名前を入れるといったこともできますよ。

飲み終わった後も瓶・ボトルを飾っておいてくれるかもしれないので、形が残らないという点もクリアされますね。
 
たとえばこちらの場合、日本酒のラベルに毛筆で名前とメッセージを入れてくれる商品です。

焼酎・日本酒「父の心に残る」名入れ酒を贈ろう。 お酒の贈りもの館

このお店では、焼酎やワインなどもありますし、メッセージや写真などラベルの種類も色々あるので、お父さんが喜んでくれそうなオリジナルの一品を作ることができます。

ネット販売なので早めの準備を

いががだったでしょうか?

定番の中から、ひと工夫入ったものを探せば、既製品と違うので喜んでもらえる可能性は高いですよね。

ただし、インターネット販売ですから、手元に届くには少し時間がかかるのが注意点です。

早めに検討を始めて父の日に間に合うように気を付けてくださいね。


Sponsored Links

シェアする