ドバイってどこ国? 治安や物価は? ドバイ豆知識

シェアする

ドバイというとお金持ち多いとか、高層ビルが立ち並んでいるイメージがありますが、どういうところか知っていますか?
 
そもそもドバイっていうのは国なんでしょうか、都市なんでしょうか?どこにあるんでしょうか?
と、知名度の割には知らないことが多いですよね。
 
近年急速に発展し、日本でも知られるようになったドバイって、どんなところなのかをみていきましょう。

Sponsored Links


ドバイはどこにある?

ドバイは中東のアラブ首長国連邦にあります。最近だとサッカー日本代表が対戦することの多い、UAEという国がアラブ首長国連邦のことです。
 
アラブ首長国連邦の場所はアジアの西端にあるアラビア半島の東部に位置します。Googleマップで見てみましょう。

 
そしてアラブ首長国連邦の中では、北寄りに位置した沿岸部にドバイは存在します。これもGoogleマップを見たほうがわかりやすいですね。

  
ちなみにアラブ首長国連邦とういうのは、7つの首長国(※)で形成されていて、ドバイはその中の1つになります。人口244万人でアラブ首長国連邦で第2の都市です。

(※)イスラム世界の君主(国家を治める人)の称号である”首長”が君臨する国のこと

ドバイの豆知識

ドバイの物価は?

お金持ちが集まるドバイですが、何でも高いというわけではありません。むしろ日本より安いものも多いです。例えばマンゴーやパパイヤなど比較的高級な南国フルーツやロブスターなどの高級魚介類などは日本の半額にも満たない値段で手に入れることができます。
 
また、レストランでの食事も高級なところを除けば、日本と変わらないか、むしろ安く済ませることができます。もちろん日本より高いもの(例えばシャンパン)もありますが、全般的には物価は安い傾向にあります。
 

ドバイの治安

結論から言うと、ドバイの治安はとても良く、安全とされています。夜に出かけても問題ないレベルです。中東と聞くと地政学的に不安定なイメージを持つ人も多いので、意外に思われるかもしれませんね。

Sponsored Links


日本からの行き方

日本からドバイ行の飛行機は直行便が1日に1本程度出ています。所要時間は11時間強です。
他にもカタールのドーハを経由する便があります。こちらは本数が多いです。所要時間は、13時間プラス乗り継ぎの時間(最小1時間程度)がかかります。

ドバイ-東京の航空料金、今はいくら?

ドバイ-大阪の航空料金、今はいくら?
 

その他豆知識

◆通貨
ドバイの通貨は「ディルハム」で、DhやAEDと表記されます。
1ディルハムは日本円で30円程度(2016年4月現在)です。

◆気温
中東なので暑いです。夏は30~50度、冬でも20~30度まで上昇します。富裕層の中には、暑さを避けるために夏は他の国へ言ってしまう人もいるようです。

◆時差
日本より5時間遅れています。日本が昼の12時なら、ドバイが朝の7時ということになります。

◆言語
アラビア語が公用語ですが、英語も使われています。
 
_____
 
ちなみに、ドバイがここまで裕福なのはオイルマネーと思いきや、石油はあまり取れないそうです。貿易港として栄えたのち、石油に依存しない国を目指し、観光や商業都市として発展し、今に至ります。
 
一時期は景気が落ち込んだ時期がありますが、お金持ちが多いことには変わりません。テレビで見る華やかな映像を観ている我々としては、治安も良く物価も高くないのであれば行ってみたいと思える場所ですね。


Sponsored Links

シェアする