マイナス金利とは 日銀の政策のカラクリをわかりやすく

シェアする

 
1月29日の日銀金融政策決定会合にて、「マイナス金利付き量的・質的緩和」という新たな金融緩和策の導入が決まりました。

”金利がマイナス”ってことは預けたお金に加えて金利を払うってことです。日銀には過去経験がない”異次元政策”とも表現されています。

が、今回のマイナス金利というのはかなり限定的な政策なんですね。どういうことかをご説明します。

Sponsored Links
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8949059633906791"
data-ad-slot="3732418662">

 

我々の預金・貯金がマイナス金利になるわけではない

まず大前提として、我々一般の人の預金・貯金口座にマイナス金利が適用されるということではありません。今回のマイナス金利が適用されるには、金融機関が日銀にお金を預けている当座預金が対象です。
この日銀当座預金とは金融機関同士や、国・日銀と金融機関が取引を行う時の決済などに使われる口座です。一般の人が開ける口座ではありません。
  
マイナス金利が適用されることによって、金融機関が日銀にお金を預けたら、追加で金利を日銀に払わなければならないというというのが今回の政策です。
金融機関が我々の預金・貯金にマイナス金利を転嫁するということもできないわけではありませんが、そんなことをすると顧客が離れて行ってしまうので、日本ではまずありえないと言って良いでしょう。
 
各金融機関が日銀当座預金に預けるお金を減らし、その分を市場に回すことで経済の活性化を狙うというのが建前です。建前と書いたのは意味がありまして…。

¥マーク 
 

マイナス金利の範囲は限定的

今回の日銀のマイナス金利というのは非常に限定的で、金融機関にとってはあまり影響がないと見られています。
 
今回の政策に関する日銀からの説明でも明言されていますが、金融機関の日銀当座預金の残高すべてにマイナス金利が適用されるわけではないんです。下表の通り、残高を3つ階層に分類して金利を適用するのですが、マイナス金利となるのは「政策金利残高」のみとなります。
階層 金利
基礎残高 +0.1%
マクロ加算残高 0.0%
政策金利残高 ▲0.1%
 

Sponsored Links
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8949059633906791"
data-ad-slot="3732418662">

 

政策金利残高って?

では、政策金利残高をはじめとしたこれら3つの階層というのは何なのでしょうか?
わかりすいように、基礎残高から説明します。
 
「基礎残高」とは、日銀の説明をそのまま引用すると、

各金融機関の日本銀行当座預金残高のうち、2015年1月~12月積み期間(基準期間)における平均残高までの部分


と説明されています。
言いかえると、昨年1年間の平均残高です。
 
つづいて「マクロ加算残高」ですが、こちらは基準があいまいで日銀が自由に調整できるようになっているものです。”日銀しだい”の部分になります。
 
そしてマイナス金利が適用される「政策金利残高」は、”それ以外の残高”となります。
計算式で表すと

政策金利残高 = 総残高 - ( 基礎残高 + マクロ加算残高 )

となります。
 
曖昧なマクロ加算残高を無視すると”総残高 - 基礎残高”ですから、昨年の平均残高から増えた分だけが、政策金利残高としてマイナス金利が適用されるです。

残高増やさなければ、マイナス金利は関係ないんですね。

 

金融機関への影響は限定的?

まとめると、『日銀当座預金について、昨年の残高より多く預けた分だけ0.1%のマイナス金利を適用しますよ』というのが今回の政策です。まして、基礎残高には0.1%の金利が適用されますから、相殺されて全体の金利収益が減るという程度のものなのです。

今回の日銀のマイナス金利という金融政策に何の効果があるのかという疑問を持つ方も多いと思います。実際、直接的な影響はかなり小さいのではと言われています。
むしろ今回の目的は、マイナス金利という言葉のインパクトによる効果が目的と考えられます。口先介入に近いですかね。
 
この政策が今後の経済にどう影響するのか、しないのか、答えは未来になってみないとわからないのが正直なところです。

 


Sponsored Links

シェアする