生ゴミのコバエはどこからやってくる? 原因と対策

シェアする

 
数日間生ゴミをゴミ箱に入れていたら・・・、
フタを開けると、コバエがうようよ。
 
いきなり嫌な光景で始まってすみません。
でも、こういう経験、ありますよね。
 
あのコバエはどこからやってくるのでしょう?
そしてどういう対策があるのでしょう?

Sponsored Links
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8949059633906791"
data-ad-slot="3732418662">



コバエの侵入経路

まるで生ゴミからわいてきたように思えるコバエたち。
 
どこからやってきたかというと、やはり外から侵入してきています。
網戸や扉の隙間から入ってきたり、衣類や買い物袋(食品の臭いに寄ってくる可能性がある)について屋内に侵入してくるんです。
 
侵入してきたコバエは臭いに誘導され、生ゴミなどを住み家とします。
飛び回っているイメージがあるコバエですが、生ゴミの中などにじっとしていることが多く、1匹や数匹では目立たないことが多いのです。
 
そのコバエがメスだと、生ゴミやゴミ箱に卵を産み付けます。
 
その卵は1~2週間で飛び回るようになるまで成長し、人目につくほど数が増えてしまうとうことなのです。
 
どこかから湧いてきたきたように見えますが、隠れていた少数のメスのコバエから増えて行って我々の目につくようになるのですね。
 

Sponsored Links
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8949059633906791"
data-ad-slot="3732418662">



どのような対策がある?

対策としては当然ながら、
 ・コバエを出ないようにする
 ・発生したコバエを退治する
この2つですね。
 

コバエが出ないようにするには

生ゴミを出さない、こまめに捨てるというのが一番です。
食品の臭いに寄ってくるので、他にも、三角コーナーや、キッチンの排水溝、缶ジュースやペットボトルもきれいにして、臭いを残さないようにするのも対策の1つです。
 
ゴミの回収日まで日数があるという場合は、少量の生ゴミであれば臭くなる前に袋に密封して冷凍してしまうという手もあります。神経質な方には厳しいかもしれませんが。
生ごみ

発生してしまったコバエには

薬局にコバエ対策グッズが売っていますので、それを使うというのが簡単な方法です。
 
が、「使ったことがあるけど効果がなかった」という方もいると思います。
 
というのは、コバエにも種類があり、それにより効果のあるものが違うんですね。
主な種類としては、
 ・ショウジョウバエ
 ・ノミバエ
などがいます。
 
対策グッズも万能ではなく、いずれかの種類に合わせて作られているので、効果があったりなかったりするのです。
違う商品を買ってみれば効果が出る可能性が高いですよ。
 

お手軽なめんつゆトラップ

一番効果があるという説もあるのがこれです。
口の広い容器や皿に、水を入れ、そこに数滴のめんつゆと台所用洗剤を混ぜ、コバエが発生しやすいところに置くだけです。勝手にコバエたちが溺死します。
 
お酢でも同じようなやり方ができます。
 
_______
 
コバエ対策は基本的にはキッチンの周りをきれいにするのが一番ということですが、出る前も、出た後もきっちり対策して、快適な生活を送りたいですね。
 


Sponsored Links

シェアする